ネットワークビジネスとは?インクルーズも採用した魅力的な仕組み

インクルーズでパートナーメンバーのATSUSHIです。

このブログでは、世界で唯一の豪華客船で行くクルージングに特化した会員制クラブ”インクルーズ”を紹介しています。

 

ここでは会員を増やすために、宣伝広告費を使わないで会員による口コミや紹介で新規会員を増やしていくネットワークビジネスという方法を採用しているんですね。

”ネットワークビジネス”

あなたはその本当の仕組みを理解していますか?

 

なぜ、ネットワークビジネスは日本人にとって印象の悪いものなのでしょうか?

ネットワークビジネスは一般的に印象が悪い、というだけで敬遠したり、口に出すことを躊躇したりはしていませんか?

 

もしあなたがネットワークビジネスに少しでも興味がある、やってみたいけど家族や友人などから批判されそうで怖い、といった思いが少しでもあるなら、ぜひこの記事を読み進めてください。

あなたもネットワークビジネスの正しい内容を理解することで、ネットワークビジネスの魅力を感じていただけるはずです。

 

ネットワークビジネスとは?

 

まず、ネットワークビジネスという言葉の意味をもう一度確認しておきましょう。

 

ネットワークビジネス連鎖販売取引という意味で、既に会員の人(ディストリビューター)が、商品やサービスを勧誘や口コミで広げていくビジネスモデルをいいます。

ネットワークビジネスを採用するのは、インクルーズのように会員組織を構成しているものが一般的です。

 

会員となった人、一人ひとりが見込み客を探し会員を増やすことで売上につなげて、組織の規模を拡大していきます。

マルチ商法マルチレベルマーケティング(MLM)という言葉もありますが、それぞれ言葉の印象は違いますが全て同じ意味で合法です。

 

マルチ商法なんていうと、多くの日本人にとってはすごく怪しいイメージをする方も多いものです。

しかし怪しいもの(犯罪)は”マルチまがい商法”や”ネズミ講”で、マルチ商法は決して怪しいものではありません。

ネットワークビジネスはもちろん合法で、自信を持ってビジネスとして取り組むことのできるものです。

 

ネットワークやマルチレベルマーケティングを採用するメリット

 

ネットワークビジネスの本場はアメリカなので、この方法を採用している企業が非常に多いです。

では、そのメリットとはどんなことがあるのでしょうか?

 

ネットワークを採用する企業は、自社の会員によって勧誘活動を行い規模を大きくしていくので、一般企業のように広告宣伝費を掛けません。

なので、芸能人を雇ったりテレビCMを制作するなどの費用が全く掛からないのです。

 

そして、ネットワークビジネスと聞いて連想する商品は何でしょうか?

おそらく化粧品や美容関連、健康食品や洗剤など日常で使う消耗品を思い浮かべたのではないでしょうか?

 

ネットワークを採用する企業もそうでない企業も、商品の原価はさほど変わらないものです。

しかし、ネットワークを採用する企業は固定費を大幅に削減することができるので、むしろ商品の品質を上げることができます。

また、人通りの多い繁華街に営業所や店舗を出すこともないし、営業マンや対面営業などをする社員を抱えていないので、人件費も極端に抑えることができます。

 

会員になると、愛用者という形で自分が商品を消費するだけ、という形態を取る人もいます。

しかし、ネットワークビジネスを実践する理由としては報酬を獲得すること目的であることが一般的です。

 

ディストリビューター(販促活動をする会員)にとっては、完全歩合制の報酬はすごく魅力的ですね。

多くの企業ではユニレベルと呼ばれるシステムが採用されていて、直紹介者からだけでなくその何レベルも下からの報酬をもらうことができます。

 

このように会員に魅力的な報酬を還元することで、成績の良いディストリビューターはさらに上を目指すといった具合に、企業にとっては業績アップの好循環を生むことができます。

 

ネットワークビジネスは怪しい?ネズミ講と一緒でしょ?

 

日本人は過去の苦い経験から、ネットワークビジネスに悪い印象を持っている人が圧倒的に多いものです。

ネットワークビジネスを怪しいと思われる理由のひとつに、先ほどあげたマルチまがい商法やネズミ講などと混同していることがあげられます。

※合法
・ネットワークビジネス
・マルチレベルマーケティング(MLM)
・マルチ商法
・連鎖販売取引

※違法
・マルチまがい商法
・ネズミ講

 

違法であるマルチまがい商法は、一定の地域やグループの枠のようなものを設け、その中で半ば強引に勧誘するものです。

強引な勧誘、精神論のような洗脳、強制的に買わせるといったやり方で、価値のない商品に法外な価格設定をする場合が多いようです。

 

もうひとつのネズミ講は無限連鎖講といって、これもまた違法行為です。

ネズミ講には商品がありません。

 

うまい話がある、傘下に○人を集めるといくら入ってくる、といった具合に、とにかくお金を巻き上げ上納させていきます。

このような勧誘文句を、さらに下へ下へと全く同じ内容で伝えていきます。

 

入る(入らされる)人は何に対してお金を払っているのか半ばわからないままで、いつかは何倍もの利益が上乗せされて返ってくるというかすかな希望を持ちます。

蓋を開けてみると、結局はお金だけ巻き上げられて、組織は消滅といった結末が待っています。

 

ネットワークビジネスを推奨する人とそのワケは?

 

海外にはネットワークビジネスを推奨する人が多く、自分がビジネスをやるなら何を選ぶといった質問に、ネットワークビジネスと回答する人が多数います。

 

有名どころでは、トランプ前大統領が今の仕事をやっていなかったらという問いに、絶対にネットワークビジネスをやると言っています。

他にも、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏や、金持ち父さん貧乏父さんの著者として知られるロバート・キヨサキ氏も、ネットワークビジネスを推奨する人として知られています。

 

そして、これらの人がネットワークビジネスを魅力的なものと選ぶ理由として、権利収入が入ってくることをあげています。

ユニレベルという報酬システムでは、何段階も下まで会員が増えても、パーセンテージは減ってくるものの報酬は入り続けます。

 

ネットワークビジネスは、スタートしたらいつまでも勧誘をし続ける必要もありません。

直紹介者がある程度増えると、自らは直紹介者を増やすことばかりせず、今まで築いてきたグループを大きくすることを考えます。

 

グループ内の人を教育するなど信頼関係を築くことに力を入れ、成績優秀な人が傘下に増えれば増えるほど、直紹介を出さずとも報酬が膨れ上がっていくのですね。

これこそが権利収入(不労所得)で、ある時期に引退してもずっと入ってくる、本当に魅力的なものであるといえます。

 

ネットワークビジネスもインターネットを活用する時代に

 

いかがでしたでしょうか?

ネットワークビジネスが魅力的で、会社の業績を拡大するにも効率的なビジネスモデルであることが理解してもらえましたか?

世界中で展開しているクルージングの会員制クラブインクルーズも、ネットワークを採用している企業です。

 

従来のネットワークビジネスはセミナー、紹介、口コミなどリアルの場で人から人へ伝わっていくやり方が主流でした。

時代は変化し、インターネットやSNSの普及した現代では、いきなり人と会わなくともネットを介して、会員を増やしていくことができます。

 

コロナウィルスの影響で、在宅勤務、テレワーク、ズームを使ってのセミナーや会議、オンライン飲み会というものまで出現するようになりました。

どんなに遠隔地にいる人同士でも、インターネット回線さえあれば対面通話でき、セミナーや会社説明会、勧誘や商品説明をすることもできます。

 

このブログで推奨するインクルーズは、クルージングという素晴らしい商品を扱うネットワークを採用する企業です。

そしてここでお伝えするように、インターネット完結型のネットワークビジネスをうまく活用する人が増えていってほしいものですね。

 

この記事を読んだ人が次に読んでいる記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP