クルージングに行くならパスポートは必須!インクルーズの会員になったら即チェック

インクルーズでパートナーメンバーのATSUSHIです。

 

あなたは海外旅行に必須のパスポートは持っていますか?

というのも、インクルーズ-in Cruises-が提携する船会社って、今のところ全部海外の船会社なんですね。

 

海外の船会社が提供する日本発着プランはいろいろあるけど、日本をメインに周遊するプランでも必ず1ヵ所は海外の寄港地に行かないといけないルールがあります。

なので、海外の船会社を利用することになるインクルーズの会員になると、必ずパスポートはいるってことです。

 

パスポートの期限切れていなかったっけ?と思ったあなた、クルージングのプランを考える前に、まずはパスポートの期限を確認してみましょう。

パスポートの期限が切れている方に向けて、今回ボクがやった申請の方法をお伝えするので、少しでもスムーズに更新できるよう参考にしてみて下さい。

 

海外船でのクルージングにパスポートは必須!

 

ということで、ボクはインクルーズ-in Cruises-に入会してから、すぐにパスポートの再発行をすることにしました。

もう何年も海外なんて行ってなくて、パスポートの期限は切れているので、新たに作り直す必要があることは分かっていました。

 

タンスの奥を引っかき回して、やっとのことで期限の切れたパスポートを見つけました。

 

いや~久しぶり、そして若いな~って感じです…

10年更新のヤツを作ってて発行は1998年7月、それから2008年の7月に切れてそれっきりですね。(古っ!)

じゃ早速、パスポートの申請作業をやっていきましょうか~!

 

パスポートの更新が必要なケースをおさらい

 

パスポートには5年間有効のものと、10年間有効の2タイプがあってご自身の好きな方を選ぶことができます。

 

新規に取得する場合、これらの期限が切れる場合、それぞれ申請が必要になります。

パスポートの更新が必要な場合って、これらのケースがあるんですね。

 

あなたはこの中のどれに当たりますか?

■有効なパスポートを現在持っている

・有効期限が1年未満になった
・記載事項の変更をする必要がある
・査証欄がいっぱいになって余白がない
・洗濯したり破れたりと損傷してしまった

 

■有効なパスポートを今現在持っていない

・初めて申請する
・有効期限が切れている
・パスポートを紛失した

 

こんなふうに、パスポートを申請する場合はこれら7パターンがあるのですね。

 

今パスポートを持っているあなたも、有効期限まで1年以上あるかを確認してみましょう。

1年未満になると更新の申請ができるようになって、インクルーズや船会社などの規定では有効期限が6ヵ月以上ある必要があります

 

ボクのように期限の切れたパスポートを持っている場合は、古いパスポートを持って申請に行く必要があります。

パスポートを紛失してしまっているなら、申請をする前に紛失届出書を提出する必要があるので注意しましょう。

 

パスポートの申請に必要なものはなに?

 

パスポートの申請窓口は、お住いの都道府県や市町村の役場にある市民課や住民課、町民課などです。

また主要都市には、パスポート専用の交付機関である旅券センターや旅券グループというものがあるので、そちらに行ってもスムーズな手続きができます。

 

申請に必要な書類は以下のとおりです。

・一般旅券発給申請書(申請窓口にあります)
・戸籍謄本(全部事項証明書)または戸籍妙本(個人事項証明書)
・住民登録のある市町村以外で申請する場合のみ住民票の写し
・写真(6ヵ月以内に撮影、縦4.5cm*横3.5cm)
・更新の場合は前回旅券(パスポート)
・本人確認書類(原本)

 

本人確認書類には1点でよいものと、2点必要なものがあるので注意が必要ですが、下記はボクが申請した広島県のホームページから引用したものです。

あなたのお住いの都道府県のホームページから確認してみましょう。

1点で確認できるもの
◇日本国旅券(失効後6か月以内の旅券でお名前・写真により本人確認ができるもの)
◇運転免許証
◇写真付き住民基本台帳カード
◇マイナンバー(個人番号)カード(通知カードは不可)
◇小型船舶操縦免許証(海技免状)
◇身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)
◇猟銃等所持許可証
◇戦傷病者手帳
◇宅地建物取引士証
◇電気工事士免状
◇無線従事者免許証
◇運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの) など
2点必要なもの(AとBから1点ずつまたはAから2点を提示してください。)
(A)
◇健康保険証
◇国民健康保険証
◇共済組合員証
◇船員保険証
◇後期高齢者医療被保険者証
◇介護保険被保険者証
◇身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされていないもの)
◇国民年金証書(手帳)
◇厚生年金証書(手帳)
◇船員保険年金証書(手帳)
◇共済年金証書
◇恩給証書
◇印鑑登録証明書と印鑑(※注 例えば,お子様の確認物として,世帯主の印鑑登録証明書を使用される場合は,お子様と世帯主様の関係を証明する必要があります。世帯主の氏名及び続柄の記載のある住民票の写しをご用意ください。住民登録のある市町以外で申請される場合のみです。)
(B)
◇勤務先の身分証明書,公の機関が発行した資格証明書,学生証(以上3点は写真付きのもの)
◇在学証明書
◇被爆者健康手帳
◇雇用保険被保険者証
◇住民税の課税台帳記載事項証明書
◇所得税の納税証明書
◇運転経歴証明書(交付年月日が平成24年3月31日以前のもの)
◇日本国旅券(失効後6か月を超える旅券でも,お名前・写真により本人確認ができるもの) など
《15歳未満の方の本人確認書類》
15歳未満の人が自分の本人確認書類を提示できない場合は,法定代理人がご自身の確認書類を直接提示することでも構いません。法定代理人の方は,運転免許証や有効なパスポートなどをお持ちください。

 

旅券申請書類を提出して6~8営業日後に受取可能

 

旅券申請書類が揃ったら、各窓口に出向いて旅券の交付申請をしましょう。

 

書類に不備がない場合、旅券受領証を発行していただけます。

新しいパスポートができるのは、申請手続きが完了してから6~8営業日後です。

 

もらった旅券受領証にできあがる日にちが書いているので、それ以降に受け取りに行きましょう。

申請手続きは代理人でもできますが、受け取りは必ず本人が行く必要があります。

 

旅券受領証と手数料を持って、必ず本人が行きましょう。

手数料はなかなか高額で、国への収入印紙代が10年では14,000円、5年では9,000円(12歳未満は4,000円)がかかります。

それに加えて、都道府県への申請手数料2,000円が別途必要でその合計金額が必要になります。

 

晴れて新しいパスポートを受け取り完了!

 

ということで、旅券受領証に書かれた日になったので、早速受け取りに行きました。

高額な手数料がちょっとキツいけど、新しいパスポートに出会えるのは楽しみです。

 

受け取り窓口に出向くと、旅券受領証を渡して手数料を支払います。

ここでもまた本人確認書類の提出が必要で、ボクは運転免許証を提示しました。

 

名前、生年月日とヒアリングのあと、新しいパスポートに書かれた内容を最終確認して受け取ることになります。

左側が表紙に穴の開けられた古いパスポート、そして右側が今回発行された新しいパスポートです。

 

なんと驚いたことに、新しいパスポートの中間のページにはICチップの埋め込まれたページがあるんですね~。(いつから?)

 

旅券センターであれば全てが事足りる

 

いかがでしたでしょうか?

インクルーズの会員になって、豪華客船でクルージングを楽しみたいならパスポートは必須!

これは必ず覚えておいて下さいね。

 

ボクは今回、最寄りのコンビニでスピード写真を撮って、区役所で戸籍謄本(全部事項証明書)を取って旅券センターに申請に行きました。

でも、旅券センターの中には市役所の出張窓口があって、戸籍謄本や住民票の写しがすぐに受け取ることができます。

 

そしてスピード写真機も設置されていたので、近くに旅券センターのある方はそこに行けば全てが事足りるということです。

各窓口や都道府県のホームページには、旅券(パスポート)申請のご案内というのがあるので、事前に一度は目を通して申請作業に取り掛かりましょう。

 

さぁ、これでジャンジャンクルージングを楽しむことができますね!

早くコロナ騒動が終息してくれれば良いのですが…

 

この記事を読んだ人が次に読んでいる記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP